栄養士」カテゴリーアーカイブ

ご当地企画 関東編

9月24日(土)は、ご当地企画~関東編~でした。

とり飯(群馬県)、南瓜のいとこ煮(茨城県)、切干大根のはりはり漬け(神奈川県)と普段、何気なく食べている料理が、実はご当地メニューだったとは驚きでした。なので、献立を立てている栄養士さんは、いつものメニューみたいで『ご当地っぽくないんですよね~”(-“”-)”』と苦戦していました。

4月から始めたご当地企画も半年が経ちました。まだまだ、みなさんに各地の料理をお届けしたいと思います。10月は、山陰地方です。お楽しみに~♬

敬老の日のご馳走

9月19日は敬老の日のご馳走でした。

お寿司・茶碗蒸し・和え物・あんみつ・赤だしの献立でした。

手作りカードには、いつまでも元気に過ごして欲しいという願いを込めて、折り紙作った鶴と亀を飾りました。毎回、行事食に添えているカードは、若い栄養士さんがアイデアを出し合ってくれています。利用者さんにも好評でいつまでも眺めてくれたり、部屋に飾ったりしてくれています。まだまだ、コロナ禍で踊りや演劇のボランティアさんを呼ぶことは難しいですが、見て楽しい・食べておいしい食事を提供していきたいと思います。

ご当地企画~九州・沖縄編~

皆様、ちょっと期間が空いてしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか??

気が付けば、暑さの厳しい夏が終わり、秋の味覚が楽しめる季節になってしまいました(>_<)

7月と8月には、ご当地企画で九州・沖縄編をしましたよ。

宮崎県のチキン南蛮や、福岡県の明太子を取り入れた献立でした。チキン南蛮はたくさんの方に「美味しかった~」と言ってもらいました。宮崎県出身の職員さんにも「宮崎で食べてるのよりおいしかったよ」とうれしい言葉をもらいました。

沖縄県のタコライス。ゆめの里では初めてのメニューです。ソーメンチャンプルー・ゴーヤの佃煮・パインゼリーと南国を感じさせる献立でした。ゴーヤは、「苦いから、苦手」と言われる利用者さんもいました。

沖縄風そばは、豚の角煮がのっているので、こってりしたイメージがありますが、スープにかつおだしを使ってるので、食べてみると意外とあっさりしていましたよ。人参しりしり、もずくの酢の物、黒糖ゼリーで沖縄づくしのメニューでした。

沖縄県は長寿の人が多いことで有名です。沖縄料理には疲労回復効果のあるビタミンB1を多く含む豚肉が多く使われています。私たちの普段の食事にも沖縄の食文化を取り入れることで、元気に歳を重ねたいですね。

9月のご当地企画は、関東地方です。お楽しみに~♬

七夕メニュー☆彡

昨日7月7日は七夕でしたね。皆さんは何をお願いしたのでしょうか??

ゆめの里にも各フロアに利用者様の願いを込めた沢山の短冊が笹の葉に飾られています。「元気になって家に帰りたい」「家族に会いたい」「長生きしたい」「おいしいものが食べたい」等々

七夕のメニューは、散らし寿司、里芋のバター醤油炒め、酢の物、赤だし、デザートでした。七夕寿司には星型人参をトッピング。デザートは、空をイメージしたブルーハワイのソーダゼリーでした。

栄養士も『流れ星にのって 皆様の願いが 届きますように』と短冊に願いを込めましたよ。

どうか、皆様の願いが叶いますように☆彡

 

 

ご当地メニュー ~四国編partⅡ~

皆さん、こんにちは。先日の、ご当地メニューを紹介します。

この日の目玉メニューは、ピリッと黒胡椒を効かせた鶏肉でした。四国地方は、阿波尾鶏(徳島)、讃岐コーチン(香川)、伊予路しゃも(愛媛)、土佐ジロー(高知)などなど、有名な地鶏が多くあるそうです。今回は、残念ながら地鶏は使用できませんでしたが、しっかりとにんにくや黒胡椒を効かせてくれて、美味しく出来上がりました。しっかりにんにくが効いた鶏肉を食べてじめじめした梅雨を乗り切りたいですね。

そして、『しゃあしゃあ』。初めて聞いた方も多くいましたよ。身近にあるものでしゃしゃっと(手早く)作れることが名前の由来だそうです。大豆や根菜を沢山使っているので栄養も満点!!

そして、みかんゼリーもさっぱりとしていて美味しかったですよ。

四国は、瀬戸大橋に坂本竜馬も有名なので、写真にちょこっと登場してもらいました。

来月は、関門海峡を渡り、九州地方に出かけますよ。お楽しみに~~♬

ご当地メニュー ~四国編partⅠ~

こんにちは。6月は、瀬戸大橋を渡り、四国に上陸しました。

四国と言えば、『讃岐うどん』『かつおのたたき』などなど、私達になじみ深い物がたくさんありますよね。

今回は、讃岐うどんではありませんが、おいしさでは負けていない『ゆめこうば』のうどんを使ったわかめうどんでした。うどんは、昆布でしっかりと出汁をとっているので、みなさん汁まできれいに飲んでくれます。

そして、魚のすりみに味をつけてフライにした『フィッシュかつ』。本場は、カレー味にしたり、七味を入れたりするそうです。今回は、カレー味で作ってくれました。これも、美味しかった( ^^)

そして、ご飯はかつおのたたきを使った『かつお飯』。利用者様の中には「これは絶品!!」と喜んでくれる人もいましたよ。私は、゛そういえば、数年前に高知にかつおのたたきを食べに行ったなぁ。塩で食べるかつおのたたきは美味しかったなぁ。゛なんて、思いながら味わいましたよ。

次回の四国編partⅡもお楽しみに~~♬

ご当地メニュー 関西編partⅡ

こんにちは。5月17日にご当地メニュー『精進料理』がありました。

この日の献立は、ひじきご飯・ひろうす・湯葉の酢の物・ふろふき大根・けんちん汁・果物でした。献立名だけだと、あっさりしていて、物足りないなぁと感じてしまいますが、食べてみるとお腹がいっぱいになりましたよ。(私は、ひじきご飯が美味しくておかわりしたからかも・・・)

6月は、瀬戸内海を渡って、四国のメニューを紹介します。お楽しみに~~♬

 

ご当地メニュー 関西編partⅠ

こんにちは。今年度からスタートしたご当地企画。先月は岡山県の特産品やB級グルメを紹介しました。5月は、関西編です。

その前に、今日はちょこっと栄養士の紹介をします。現在、ゆめの里には3人(若者2人と昔は若かった1人)の管理栄養士がいます。ご当地企画を考えてくれているのは、若者2人です。各地の特産品やご当地グルメを調べて、献立に組み込んでいます。少しでも、本場のものに近づけようと調理師と打ち合わせをし、「こうしたらどう?」「あ~したらいいんじゃない」と試行錯誤しています。そして、当日は宣伝も忘れません。利用者さんの前で、料理の説明をしています。

利用者さんは、毎回、真剣に聞いてくれます。終わったら拍手までしてくれます。

今日の、メニューは、かやくご飯・土手焼き・明石焼きでした。土手焼きは、しっかり味噌味がして美味しく頂きました。

次回のご当地メユーもお楽しみに~~♬

春のお弁当

4月26日、27日、28日と3日間に分けて、入所の利用者様に春の松花堂弁当を作りました。

なかなか外出できない日が続いているので、青空の下で食べる予定でしたが、1日目と2日目はあいにくの曇り空だったので室内での食事となりました。でも、お弁当のふたを開けて皆さん「ご馳走!!」と歓声を上げてくれました。

春らしく、桜色のお寿司に桜の花を飾っています。春を感じるフキや菜の花、インゲン、苺もありましたよ。そして、若い栄養士さん2人がとても素敵なカードを作ってくれたので、より華やかになりました。

また、食事の前には、ベトナムから来た実習生さんが、ウクレレとギターを持って、日本語で『虹』という歌を歌ってくれました。私も、2日目に彼女たちの演奏を聞きに行きましたよ。とっても上手で驚きました♬

ちょっと量が多かったようで、「食べきれなかった~」との声が多くありましたが、みなさんとても満足してくれました。

ご当地メニュー 岡山編第3弾!!

本日は、岡山県玉野市のB級グルメ『温玉めし』でした。甘辛いかば焼きのたれで味をつけたご飯に、穴子と温泉卵をトッピング。温泉卵を絡めて食べると絶品のおいしさでした。

そして、玉野市番田地区の特産物である『紫芋』の羊羹もありました。紫芋が玉野市の特産物であったことは、私も初耳。メニューを考えてくれた栄養士さんは玉野市出身なので、地元愛を感じますね。

来月からは、ついに県外に旅立ちますよ。お楽しみに~☆